twitter話題

    1: 名無しさん@涙目です 2017/11/28(火) 21:08:07.94 ID:7vlid3Q40



    キャプチャ


    海上保安庁関係者によりますと、28日午後、北海道函館市の沖合にある無人の島 松前小島に木造船が漂着したという情報があり、船の形状などから北朝鮮の漁船の可能性があるということです。

    木造船には複数の人が乗っているという情報もあるということで、第1管区海上保安本部や警察が詳しい状況を調べています。


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171128/k10011238621000.html


    【28日午後 北海道 函館沖の無人島に木造船が漂着か 複数が乗船の情報も】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です 2017/11/27(月) 12:26:12.43 ID:tPzAmqHN0


    no title



    北村小夜さん「自粛しないで声をあげよう」?11.26 終わりにしよう天皇制デモ

    天皇制反対の声を上げることがこれほど大変なのか? 3日前に宣伝カーが右翼に襲撃されて壊された。しかしこの日は緊急カンパですっかり修復されていた。

    11月26日に東京・千駄ヶ谷区民会館で開かれた「終わりにしよう天皇制 11.26大集会デモ」。160人の集会にもかかわらず、付近一帯はカマボコ車が数十台と機動隊で埋めつくされた。

    集会に参加した元軍国少女で戦後は教員だった北村小夜さん(92歳)は、「早く天皇制をなくしてほしい。時間が経つほど戦争など、天皇制がもたらす被害が大きくなる。

    いま一番心配なことは皆が自粛していること、抵抗しなくなっていることだ」と声を上げる大切さを語っていた。

    主催者の大横断幕には「身分差別 性差別の象徴=天皇制はいらない」と書かれていた。

    コールでは「民主主義に天皇制はいらない!」とあったが、天皇代替わりを機会に天皇制廃止を強く訴えていた。

    渋谷繁華街のデモは注目度が高かった。

    右翼の妨害もあったが大きな混乱もなく約1時間のデモは終わった。(M)

    http://www.labornetjp.org/news/2017/1126shasin


    【反天皇制デモ参加者 「日本が大嫌い。日本人の思考性格が嫌い。日本人を許さない。日本なんか滅べ」 ネット「これヘイトスピーチだろ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です 2017/11/28(火) 07:59:34.33 ID:JU/Clva70


    11月27日 18時53分


    キャプチャ1


    26日から27日にかけて、青森県の沿岸で木造船が漂着しているのが相次いで見つかりました。

    東北地方の日本海側では朝鮮半島からきたとみられる木造船の漂着が相次いでいて、海上保安部が船内の状況などについて詳しく調べています。

    青森海上保安部によりますと、26日午後3時すぎ、深浦町の西、およそ100メートルの海上で木造船が漂流していると地元の漁協から通報がありました。

    警察や海上保安部が調べたところ、深浦町舮作の海岸の岩場に漂着している木造船が見つかりました。

    船体はバラバラに壊れていて、一部に赤色で「2093」という数字が書かれていました。

    船の中や周辺に人影や残された物などは見あたらなかったということです。

    さらに、27日午後1時ごろ、佐井村の沖合でも、「漂流している木造船がある」との通報が寄せられました。

    海上保安部などが確認したところ、木造船は、岩礁に乗り上げた状態で停止しているということです。

    東北地方の日本海側では朝鮮半島からきたとみられる木造船の漂着が相次いでいて、海上保安部は、2隻の船内の状況などについて詳しく調べています。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083064311.html


    【今度は青森に木造船 26日、27日と相次いで漂着  周辺に人影はなし】の続きを読む







     
    初鹿議員の強制わいせつ疑惑






    img_3_m (1)




     
    que-13164609993


    山尾議員は「ちゃんと説明してくれる」 東大時代の先輩記者が訴える
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000052-dal-ent
     
    山尾氏は古い知人ね・・・

    twitterの反応















    このページのトップヘ